今ではもう、ブログの記事に編集・装飾がある程度できるようになりました。さらに、seesaablogのコンテンツも充実し、最新記事下のカテゴリーごとのご紹介が効果的に表せるようになりましたので、これを機に過去の記事も改めて修正し直し、整理して、同様な記事を繰り返し書かずに、上書きのみにして、カテゴリごとに学びやすいようにします。

カテゴリことの表記は→ 【テーブル】・・・ とします。

それぞれの記事タイトルも
【テーブル】@表組みの基本から・・・のような表記にします。 ○番号で続きの学びが確実にできるように表していきます。最初から学ぶときは@からたどってみてください。

従って、記事更新の日付は参考にせずに、【カテゴリ】から学びたい項目を探して進んでいってください。 今後とも末永くいつでも戻ってきて学んでみてください。

2012年03月19日

【リンクE】イオナは大人のロハスを提案。オトナ「ロハスマガジン」読んで!読んで!!


いきなり、ホームページを開いて衝撃?

『ロハス美しさとは、体の力を信じること。内側から輝く力を身につけよう。IONAはオトナのロハスを提案します』


な、なんか気になりますよ、読み出したら止まらない、癒される感じも、抱いてしまいます。

リンク飛ばす:<A href=”@#A”>B</A>

リンク飛ばされる方に名前を:<A name=”A”> </A>

@;リンクしたいブログやホームページのURL
A;そのページのあるところに限定して飛ばすなら、A;名前をつけて
B;たいていは飛ばすところの紹介文
となります。
では、実際に使って見ましょう⇒続きをクリック

【リンクD】リンクボタンの上でヘルプとしてテキストの表示


皆さんご無沙汰しています。仕事が忙しくなり、久しぶりの、新作のHTMLです。

今日は、フリー画像から、引っ張ってきて画像にアイコンを持っていくとテキストを表示させる練習です。

フリーの画像は、googleなどで、
フリー画像 無料検索


などと検索して、フリーの画像をいったん自分のPCに画像を保存して、ブログサイトにアップロードしてください。

そすれば、準備完了です。HTMLの入れ方を練習してみましょう。
<CENTER>〜</CENTER>で中央ぞろえにしています。
<A href=”A#@”(半角空き)title=”B”>C</A>
A・・・任意のリンクのURL
@・・・そのリンク内のアンカー名;リンク内の飛ばしたいところにアンカー名を入れておくこと《復習してね》
B・・・表記したいテキスト(今回は友人のブログのある日のタイトルをテキストにしました)
C・・・アップロードした画像のHTML(seesaaブログの場合;ファイルマネージャーをクリック⇒Cのところにカーソルを置いて、任意の画像のHTMLの項の緑の四角形のコピーをクリックするとHTMLが入ります)

すると・・・
では、実際に使って見ましょう⇒続きをクリック

【リンクC】今日はフリーの画像にリンクを設定してみよう!


今日はフリーの画像にリンクを設定してみます。
まず、フリーの画像を手に入れてください。検索で、「リンクボタン フリー」や「画像 フリー」などと入力して、自分のパソコンにコピーアンドペーストします。
Seesaaですと、右の「ファイルマネージャー」をクリックしてください。そのファイルに画像アップロードします。参照をクリックすると自分のパソコンの階層が表示されますので画像の保存してあるところを開いて、アップロードする画像を選択し「開く」クリックして『アップロード』をクリックすると準備完了です。

記事ページの下の、「灰色のファイルの絵」をクリックすると画像が確認できるはずです。それを利用します。

<A href=”@”>A</A>
@はリンクするURLを入れます。
Aはファイルマネージャーにある画像をコピーします。
では、実際に使って見ましょう⇒ここをクリック

【リンクB】今日は違うページの指定箇所へのリンクを練習しましょう!


今日は違うページへのリンクの張り方を練習してみます。

リンクを使うのは、同じページ内でリンクをはって戻ったり、進んだりして、読者に快適に読み進めてもらうために同じページ内でリンクを張ります。もちろん今から練習するように、違うページにリンクして、目的のところに飛ばしてあげることもできます。練習しましょう。

<A href=”A#@”>C</A>
<A name=”@”>B</A>
一行目はリンクを張って飛ばしたいところに置くHTMLです。
@は任意のキーワード(アンカー名;と言います)
Aはアンカーを設定した(B)ページのURL(要するに、http://・・・・○○○○.html)同一ブログなら(○○○○.html)でOK
Cはリンクを設定する内容(文字やイメージ)
二行目はリンクを張って飛んで行くところに張っておきます。
Bアンカーを設定する内容(文字やイメージ)となります。

<A href=”A#@”>C</A>
<A name=”@”>B</A>
一行目はリンクを張って飛ばしたいところに置くHTMLです。今回は4月12日の記事にリンクします。記事一行目の(表組)に
@はアンカー名として「hyou」
として
Aは4月12日ブログ記事のURLを入れました○○○○.html
Cはリンクを設定する内容は、『テーブルのセルの余白設定の練習へリンクします。』とします。
二行目はリンクを張って飛んで行くところにつまり、
B4月12日ブログ記事の(表組)のところ記事ページに・・・<A name=”hyou”>(表組)</A>・・・と入れておきます。
では、実際に使って見ましょう⇒続きをクリック
ラベル:リンク 別ページ

【リンクA】今日は同じページ内でのリンクの張り方を練習します。


今日は同じページ内でのリンクの張り方を練習してみます。

同じページ内でリンクをはって戻ったり、進んだりして、読者に快適に読み進めてもらうために同じページ内でリンクを張ります。

<A href=”#@”>A</A>
<A name=”@”>B</A>
一行目はリンクを張って飛ばしたいところに置くHTMLです。
@は任意のキーワード(アンカー名;と言います)
Aはリンクを設定する内容(文字やイメージ)
二行目はリンクを張って飛んで行くところに張っておきます。
Bアンカーを設定する内容(文字やイメージ)
となります。
次に記事をしばらく書いて、上のHTMLを使ってみます。

テレビで話題になった「フキ農家のみなさんが花粉症になっていない」フキの中に含まれるポリフェノールが効いている。
・フキノール酸
・スキテルペン配糖体
・フキノン
が含まれており抗アレルギー作用を示し、花粉症やアトピー性皮膚炎にとても良いそうです。フキ1000kgからなんと1kgしか作れない!とても貴重なものです。
【フキエキス粒】某テレビ番組で「フキ」が花粉症撃退食品として取り上げられました!蕗が良いといっても毎日食べるのは大変。フキの名産地・愛知知多産のフキからフキエキスを高濃度抽出してサプリメントにしました。【これこれ倶楽部】

【フキエキス粒】

気になる方は⇒クリック



この記事を、もう一度読みたい方は、『こちらをクリック』してください。
ここで使ってみます。
<A href=”#@”>A</A>
<A name=”@”>B</A>
一行目はリンクを張って飛ばしたいところに置くHTMLです。
@はアンカー名として「ytyt」として
Aはリンクを設定する内容は、上の『こちらをクリック』
二行目はリンクを張って飛んで行くところに
Bアンカーを今日の一行目の「今日」としました。よって、とんだ際に画面の一番上が今日の見出しになっています。
では、実際に使って見ましょう⇒続きをクリック
ラベル:リンク ページ内

【リンク@】今日からリンクの表示について練習してみましょう!


リンクとは、文字やイメージをクリックすると別のページや、別のサイトを表示できる機能です。今までも、皆さんにたくさんクリックしていただいて、移動していただきました。しばらくその方法を練習してみましょう。

下の「太」からはじまるボタンの左から3番目がリンクを簡単に設定できるボタンです。クリックすると、エクスプローラーユーザープロンプトのウインドウが開き、『http://』が表示されます。その後に移動してお見せしたいページやサイトの住所となるURLを入力すると、ブログの読者が、一目でクリックすることを促せるようになっています。

それでは、ためしに、昨日の記事にリンクしてみます。
「そのままも使えるHTML塾開講!12月8日」として、「」の間を範囲指定して下のボタンをクリックし、『http://の後に昨日の記事のURLを貼り付けました。今見ていただいているのには、ブログ名に水色の下線が入ってリンクされていることがわかるようになっています。

一度クリックして見てください。昨日の記事にリンクしています。「左上の『戻る』で、戻って来てくださいね。」

本来の設定の仕方は次のようにHTMLを入力します。
<A href=”@”>A</A>となります。
@はリンク先のURL
Aはリンクを設定する内容(文字やイメージ)となります。
では、実際に使って見ましょう⇒ここをクリック
ラベル:リンク

トップページへ戻る方は次項有クリックして

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。