今ではもう、ブログの記事に編集・装飾がある程度できるようになりました。さらに、seesaablogのコンテンツも充実し、最新記事下のカテゴリーごとのご紹介が効果的に表せるようになりましたので、これを機に過去の記事も改めて修正し直し、整理して、同様な記事を繰り返し書かずに、上書きのみにして、カテゴリごとに学びやすいようにします。

カテゴリことの表記は→ 【テーブル】・・・ とします。

それぞれの記事タイトルも
【テーブル】@表組みの基本から・・・のような表記にします。 ○番号で続きの学びが確実にできるように表していきます。最初から学ぶときは@からたどってみてください。

従って、記事更新の日付は参考にせずに、【カテゴリ】から学びたい項目を探して進んでいってください。 今後とも末永くいつでも戻ってきて学んでみてください。

2012年03月18日

【テーブル】Lテーブルボーダーの色指定にチャレンジ。


テーブルのボーダー(境界線)に色を指定してみる練習をします。
各セルの色を同じ色で、指定する場合と、
各セルの上左と右下に分けて色を指定することができます。

色はカラーネームといって、色それぞれに6桁の数字とアルファベットを組み合わせて決められています。
seesaaの場合は、上の青いAのところをクリックすると色がいらべます。色番号もわかります。

最近のカラー例えばパステル色は利用できるサイトできないサイトがあるようですので、注意してください。

実際には下記のとおりにしてみました。

<TABLE border=”@” bordercolor=”A” align=”center”>
<CAPTION align=”top”>表のタイトル</CAPTION><TR align=”center” width=”320” hieght=”280”>テキストや画像</TD></TR><TR><TD>テキストや画像</TD></TR></TABLE>

@・・・border表組の境界線の幅
A・・・bordercolor境界線の色指定・・・今回はグレー系の色に

では、実際に作ってみましょう。


コンパクトなのに…
大迫力&繊細
アコースティックウェーブミュージックシステムII
Acoustic Wave Music System II
テレビだけ買い換えても…音もチェンジしないと。。。
あなたのお部屋がコンサートホールに


次に、上左と右下に分けた色指定を学びましょう。



<TABLE border=”@” bordercolorlight=”A” bordercolordark=”B” align=”center”>
<CAPTION align=”top”>表のタイトル</CAPTION><TR align=”center” width=”320” hieght=”280”>テキストや画像</TD></TR><TR><TD>テキストや画像</TD></TR></TABLE>

セルの上の左は…bordercolorlight=”A” 
セルの右と下は…bordercolordark=”B”


コンパクトなのに…
大迫力&繊細
アコースティックウェーブミュージックシステムII
Acoustic Wave Music System II
テレビだけ買い換えても…音もチェンジしないと。。。
あなたのお部屋がコンサートホールに


高音質の追求により完成した独自のフォルム一般のHi-Fiオーディオシステムのイメージからは、一線を画した独自のラウンドフォルム。全長203cmに及ぶウェーブガイドを採用したウーファーの内蔵や、少しだけ外側に向けられた中高音スピーカーと低音の開口部など、このデザインにも高音質の秘密が隠されています。また美しく弧を描く独特のデザインは、リビングはもちろん、寝室や書斎など、どんなお部屋のインテリアともやさしく調和します。

オールインワンならではの簡単セッティング
これまで本格Hi-Fiサウンドを楽しむためには、大型のスピーカーやアンプなどいくつもの機器と、それらを接続するための時間と、設置のための広いスペースも確保する必要がありました。しかし、Acoustic Wave Music System IIは、必要な機器はすべてコンパクトなボディに内蔵されていますので、箱から取り出してコンセントをつなぐだけ。わずかなスペースとコンセントさえあれば、誰でもすぐに感動の音をお楽しみいただけます。

シンプルで分かりやすい操作性
せっかくの高音質オーディオシステムでも、機能や操作が複雑であれば、いつかは使うことさえおっくうになってしまいます。Acoustic Wave Music System IIは、複雑な機能などはすべて排除し、本体やリモコンを使って誰でも簡単に操作できるよう設計されています。さらに、付属の「簡単操作シート」を使用することにより、基本的な機能については取扱説明書を見なくても操作が可能です。


こんなのもできますよ!
ユーカリティの効用 もっと詳しく見たい検索


気になる方は、画像やリンクテキストをクリックして見てください。


実際に使う時は、英数半角文字で入力してみてください。

今日の練習はここまで。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17979888

この記事へのトラックバック

トップページへ戻る方は次項有クリックして

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。