今ではもう、ブログの記事に編集・装飾がある程度できるようになりました。さらに、seesaablogのコンテンツも充実し、最新記事下のカテゴリーごとのご紹介が効果的に表せるようになりましたので、これを機に過去の記事も改めて修正し直し、整理して、同様な記事を繰り返し書かずに、上書きのみにして、カテゴリごとに学びやすいようにします。

カテゴリことの表記は→ 【テーブル】・・・ とします。

それぞれの記事タイトルも
【テーブル】@表組みの基本から・・・のような表記にします。 ○番号で続きの学びが確実にできるように表していきます。最初から学ぶときは@からたどってみてください。

従って、記事更新の日付は参考にせずに、【カテゴリ】から学びたい項目を探して進んでいってください。 今後とも末永くいつでも戻ってきて学んでみてください。

2012年03月22日

【リスト】段落をつける、文章のまとまりを表す


昨日の続きをメイン画面で試して見ましょう。<div>と<p>と、新たに<span>を試してみます。

秋冬の新作パソコンを見ると、テレビチューナーが装備されていたり、インターナットで映画が見れる設定になっていたり、オンライン3Dゲームを十分に楽しめるようになっていました。 ・・・@

DVD録画ができるようになっているなど高機能が売りになってます。 ・・・@’

特に、ワイド画面になり、大きなサイズになってきました。17型ディスプレイまで当たり前のように登場している。液晶テレビがますます大型化していて、値段が安くなっている中、それに呼応するように、との流れだと思う。 ・・・A


液晶画面もテレビと変わらない高機能のものが登場し、若い人たちに中には、テレビを持たずにテレビパソコンだけの人も増えてくると思います。 ・・・A’


あなたは、大型液晶テレビを選びますか。 ・・・BAVパソコンにしますか ・・・B’

@並び@’には<div>文章</div>を入れました。一つのまとまりを表します。その間は普通の改行幅です。
AとA’こちらは<p>文章</p>を入れましたので一行分の間が開いています。段落としてのまとまりをあらわしたHTMLです。
BとB’は<span>と</span>で囲みました。こちらは一行の中でそれぞれのまとまりをあらわします。
Bは ・・・<span>文章</span>
B’には下のボタンの「大」を入れて囲んであります。<span style=font−size:large;”>文章</span>


分かりやすいように色をつけて対応させていますが、そのためのHTMLは説明に入れていません。またいつものように半角英数でご使用ください。

今日はここまで。
タグ:段落 文章
この記事へのコメント
naなるほどー。がんばってみます。
Posted by ANAまいこ at 2005年11月18日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9491911

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。